本文へスキップ

ドMで淫乱な牝豚の調教を施しております。緊縛や玩具責めにより、オナニー中毒の牝豚を性奴隷へと堕とす調教をご紹介しています。


■■性奴隷の心得■■

調教を始める上で、性奴隷としての基本的な心得や戒律を定め、これに従属して頂きます。5大原則を紹介します。


(1)絶対服従


店舗外観 最下層の性奴隷という分際である以上、所有者であるご主人様への絶対服従を誓うことから全てが始まります。そしてこの誓いを立てるということは、人としての尊厳や自立心・プライドなど全て捨て、無機質な道具として仕えることを意味します。
 また、常日頃からご主人様に対しては常に最上級の敬語を使用し、一切の非礼を行わないよう努めなければなりません。



(2)正装の義務

店舗外観 先述のとおり奴隷は最下層の分際でありますため、人間様の洋服を着ることは身分不相応以外の何者でもありません。特別な指示が無い限り、調教を受ける前に必ず全裸になって首輪をし、正座で命令を待たなければなりません。これが性奴隷の”正装”です。
 なお、命令を待つときは、主人の鑑賞の妨げにならぬよう太ももを広げて正座し両手は後ろで組むこと。



(3)懲罰の甘受

店舗外観 万が一にも奴隷の心得を怠るようなことまたは主人に不愉快な思いをさせてしまった場合は、相応の懲罰を無条件に受けなければなりません。性奴隷に拒否権など無いのです。たとえ厳しい懲罰であっても喜んで応じなければなりません。





(4)供覧


店舗外観 性奴隷の身体は主人の見世物・鑑賞物であります。特別な事情が無い限り、主人のお目汚しの無きよう陰毛は全て剃毛し、日頃から綺麗にしておくこと。また主人からの指示があれば、いついかなる時でも速やかに衣服を脱ぎ、醜態を晒さなければなりません。たとえどんなに大勢のお客様の前であっても同様です。





(5)奉仕義務


店舗外観 奴隷はご主人様の性的欲求を満たすための存在です。口、膣、肛門、および全身を使い主人へ奉仕しなければなりません。
 ご主人様の精液は全て受け止めることが奴隷の義務であり、口に出された精液は全て飲み込み、外に出された精液も舐めて綺麗にします。





店内イメージ

shop&nbsrmation店舗

性奴隷のすすめ 管理者 Yビルダー不動産

 問い合わせ先 :ydd5825-908yあっとまーくyahoo.co.jp
 (返信が遅れることがございます。
 地域 :東北地方
 職業 :会社員
 年齢 :30代

無修正投稿掲示板

S.O.W

牝豚野外調教

乳首洗濯ばさみ責め

緊縛の基本、亀甲縛り

奴隷は主人の精液を全て受け止めなければならない

公衆便女

スパンキング、お仕置き

杉浦則夫緊縛桟敷

万縄

newpage4.htmlへのリンク

inserted by FC2 system